読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるま湯に浸る

2.5と呼ばれる舞台やら推しやらアニメとか。ゆるっと日常も。

魂を救済されに行ってきました。

推しのこと 見てきたもの 若俳のこと

お久しぶりです。

ALTAR BOYZを見に行ったというお話をさせてくださいませ。

わたしが観劇したのは、Team LEGACY。

 

何を隠そう、わたしのお慕いしているAさん(※前の記事参照)が出演なさっているのです。

わたしは気になった方に出会うと、過去どんな作品出演されていたかなどひたすら調べ上げるタイプの人間なのですが(どうでも良い私的情報)、Aさんの存在が気になったとき、行きたかったあああああああああ!!!!!生で見てみたかったあああああああ!!!DVDはないのか何故だWhy!!!!となった作品の1つがALTAR BOYZでした。

 

そんな割とあるあるな背景がございまして、今回のALTAR BOYZ、そしてTeam LEGACY公演は、わたしにとってはまさに念願だったんですよ。

 

頭の悪いオタクなので、素直な感想しか言えないですが、

簡潔に述べますと、めちゃくちゃ楽しかった!!!!!!!!!!!

ALTAR BOYZ最高に楽しいぜ!うぇーい!!!ってテンションで新宿FACEを後にしました。

 

ストーリーなどに関しては、素晴らしい過去作レポがわんさかございますので(ネットって本当に便利ですよね)、そちらをご覧になっていただければと思うのですが。

語彙力を究極に省いた感想としては、ALTAR BOYZめっちゃ楽しいぞ!!!!軽率に魂を救済されに行こうぜ!!!!以上。

 

公演は終了しているので(合同公演があるよ!行ったことないけどお祭り騒ぎらしいぜ☆)、わたしのブログがダイマにならないのが残念ですね。ダイマになるような文章力はありませんが。

 

詳しいレポや感想、考察などを読めば読むほど難しく感じられますが、見る分には、そういったキリスト教の背景やマイノリティといった文化などが頭に入っていなくても、行けば普通に楽しいです。楽しみしかない。それがALTAR BOYZ。

 

再演に再演を重ねているにも関わらず、根強い人気、リピーターの多いこと多いこと。また救済されに新宿行ってる…みたいなフォロワーさんがいるのも、行って自分の目で見てみて、よくわかるという作品でした。

ビール飲みながら観劇って最高じゃない???わたしお酒飲めないけど。お酒飲めてたらもっと楽しいんだろうなあって思いつつ、ビール片手の観客を見てました。うらやましい…。

 

勿論、背景やキャラクター達の抱えているもの、バックボーンがわかっている上で作品を見ると、より味わい深いというか…楽しいだけの作品じゃない…沼……みたいになるのだと思います。

予習だけはバッチシ☆だったわたしはそうでした…これがALTAR BOYZ……なんて沼なんだ…金と時間があればいくらでも通うぜ………って思いました。

バックボーンを知れば知るほど、奥が深い作品だとは思うのですが、そうしたものをあまり意識しなくても、楽しかった!また来たい!!魂を救済しておくれ!!!ってなれる作品ではないかと。

 

頭空っぽにして楽しめる作品って、若俳集団の舞台にありがちかと思いますが、突き詰めて考察に考察を重ねていくと見えてくるものって、どんな作品にもあるじゃないですか。

若俳業界の作品と同じような感じ!って言ってしまうと、ファンの方にぶっ刺されそうですが(背後には気をつけます)、今日は何も考えずに魂を救済されたいんじゃ〜って、ふらっと行くも良し、今日は考察に来ましたっていう意識で行くも良し、いろんな角度から楽しめる!可能性は無限大な作品でした。

夢のようなあっという間の2時間です。パイプ椅子拷問に耐えた尻の痛みが、現実だったと語りかけてくれました。

 

歌もめっちゃノリノリになれるよ!ふぅー!!!!みたいな歓声も湧くよ!ラストのメドレーは客席総立ちだよ!!なんだこれ楽しさしかなくない???

年中頭がお祭り騒ぎ、というわたしのような人種には最高の作品でした。

 

リピーターさんが多いことも、こんなに愛されている作品なのも納得。

今公演限りでの卒業を発表されているキャストさんもいたし。

 

体調的な意味と仕事面で少し無理をしなきゃ行けなかったんだけど、

Team LEGACY公演、やっぱり行って良かった。

 

今回、前回のALTAR BOYZを見て絶賛してた友人のNちゃんと連番させていただいたんだけど、彼女曰く、GOLDも最高だった!!!!!とのことだったので、

GOLD公演を見られなかったのが、残念だったなあ…

はてブさんでも、GOLD公演の感想を上げられてる方を見かけて、行けば良かったと後悔してます。

 

演じるキャストさんが違うだけで、作品の雰囲気とか印象とか、まったく違うものになるんだろうなあと。

Nちゃんも言ってたけれど。

 

Team LEGACYとしての公演は、LEGACYの、あのメンバーでの公演というのは今回でラストなのですが、

またALTAR BOYZが来日してくれる限り、彼等に魂を救済していただこうと思うくらい、楽しかったし、好きな作品でした。

 

わたしも1人前のALTAR GIRLSの1人になりたいです。

 

Nちゃんとは、観劇の後、長々と積もる話をしたのも楽しかったなあ。

前の記事に登場した、お互いの推しのことをひたすら話す大会をしている友人がNちゃんです(笑)

出会ってから今年で10年になるらしいよ!怖い!!!

 

ALTAR BOYZ楽しかったうぇーい!って会話から、推しの未来を考えてずーんってなったり、「しんどい推し活は趣味なのか」みたいな哲学まで、たくさんのことをお話しました。

楽しかった〜

 

わたしが好きな2次元のキャラクター(作中お亡くなりになる)を、好きな役者さんが演じる件について、

わたしはどんな思いで、舞台を見に行けばいいかわかんないんだよ!今回は大丈夫かもしれないけど、彼の最期を知ってるから、出てくるだけで辛いしんどい!耐えられない!好きな役者さんだから2重の意味でしんどい!!!!っていうことを、わたしが熱く語ったところ、

Nちゃんは鼻で笑って「重い!!!!!」とぶった斬ってくれました。

ありがとう、わたしはそんな君が好きだよ。

 

Nちゃんとの話の中に出てきたしんどい推し活についての悩みについては、ずっと考えてたことなので、

いつか記事にしたいと思いますな。