読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるま湯に浸る

2.5と呼ばれる舞台やら推しやらアニメとか。ゆるっと日常も。

お前の手に持っているそれは何だ

変なタイトルのファンサの話。

長くなったので、続きます。

性格悪いことしか言ってないです。

クラスタ(笑)さんへの暴言のオンパレードです。

クズオブクズの話しかしてないですが、そういうの大好き~~という同士さん、共に語りませんか!!

 

 

 

前提として言っておくと、わたしがファンサ欲しい妖怪と化すのは、中の人のライブに行くときだけです。

舞台観劇をする上で、わたしはモブというか、その辺を漂う二酸化炭素のような影の薄い存在でありたいと思っているので。

 

最近多いですよね、所謂ドルステ系の舞台。

刀ミュは行ったけど、特に何とも思わなかったんだよなあ…?

顔小せえなあ…腰が細いなあ…とかお肌キレイだなって思ったくらいで。

あと、客席が気合い入りすぎててびっくりした。何あれ怖い。

 

そもそも、2部ではお歌があって、客降りバンバンやってっていう流れであっても、わたしの感覚としては、あくまでもミュージカルを“観劇”しているという感覚が抜けないんだと思います。

板の上で繰り広げられる物語を見て、笑ったりほっこりしたり、涙したりしてたのが、

2部になると突然、さっきまで舞台上にいたキャラクターが(しかもびっくりするくらいイケメンときたもんだ)、急に目の前に現れて、わたしを1人の人間としてその美しい目の中に入れてくれて、あまつさえ投げちゅーとかされるんだよ意味わかんない。

わたしは金を払って、君たちの演技を見て楽しんでいる、趣味を満喫しているだけのババアだから、そんな急にアイドルとファンみたいなことされたら困る(確かに役者のファンではあるけれども)。

 

そんな訳で、ドルステ系はあんまり得意じゃない。顔がみんな美しすぎるし。あんなんにファンサ貰ったら多分まじで3分くらい心臓止まると思う。

 

で、わたしがファンサ乞食と化す、

中の人のライブの話。

 

昔々ジャニオタ界隈を根城としていたわたしにとって、

ライブに行く目的は「ファンサが欲しいから」の一言に尽きる。

寧ろ、それ以外でみんな何の為にライブ行くの?って本気で思ってしまうくらいにはファンサが欲しい。

そりゃ、演出がめちゃくちゃ良くて、

とか、

歌唱力が化け物みたいなレベル、ダンスに惚れ惚れしちゃうわ〜って方とかだったなら、

生で歌って踊れる姿を見ることに意義があるのかもしれないけれどさ。

 

彼等の本業はあくまで声優なので、歌に関しても、ましてやダンスなんてお察しのレベルでしかないんですよね、正直なところ。

わたしははっきり言って、交通整備のバイトじゃねえんだよ!とツッコミたくなる程度にキンブレを振って、楽しかったとか思えないし、

最後の挨拶を聞いて、頑張ってる彼等の姿に感動した…(泣)

みたいな、優等生オタクでは全くないので、

1万近い金叩いてライブ行ったからには、ファンサの1つでも貰わないと割に合わないなって思いますし、

最前でも、彼等の姿が豆粒くらいにしか見えない天井席でも同じ1万。

くそ席だとしても、1万出して行って良かったって、意味があったと思える、1番手っ取り早い方法。わたしにとっては、それがファンサです。

彼等の姿だけ見て、楽しかった〜って思えるファンの方にまじで聞きたいんだけど、みんなファンサ欲しくないの???

ファンサ貰えなくて、ライブ行くのって楽しいの???みんな何しにライブ来てるの???って思うんです。

 

こんなこと書くと、それこそクラスタさん達にまじで殺されるんじゃないかって思うんですけど言わせてくださいね。

既に不快な内容もベラベラ喋ってるけど、ここからもまだまだ続きますからね。

純粋に彼等の姿を目に焼き付けて、感動しているファンの方にちっとも配慮しないゲスの極みみたいなことしか書きません。叩くのはやめてください(必死)

 

わたし、中の人のライブでファンサを貰うのは(一部例外は除く)割と簡単だと思ってます。

真似されるとわたしの存在が埋もれてしまうから、どうしたら良いとかあんまりアドバイスはしませんけど。

 

ね、ゲスいでしょ???

結局、ファンサは貰ったもん勝ちですからね。

わたしの中では、クラスタ?淑女??そんなものは存在しません。

周りは全員(特に同担)わたしにとってはファンサを取り合うライバルという認識しかありません。

基本、連番で入る友人Mさんは別担なので、彼女が推しからファンサが貰えるよう、わたしはあの手この手(勿論、禁止されていない範囲の中で)アシストをします。

Mさんもそういうスタンスなので、お互いやりやすいっていうのかなあ?

いい意味で連携プレーが取れているかと思ってます。

 

わたしが初めて推しのBさんから頂いたファンサは、Mさんのアシストがあったからでした。

トロッコで会場をグルグルしていたBさんが、Mさんとゼロズレ状態の位置で止まったんですよね。

Mさんは咄嗟にわたしを引っ張って、わたしとBさんがゼロズレになるようにしてくれたんです。

視界に違う色のキンブレが現れたもんだから、びっくりした顔のBさんの顔は、今でも忘れられない思い出です。

あ、目が合ってると思って手を口元に当てて固まるわたしにBさんはニッコリ笑って、同じポーズを取ってくれました。

 

あれから、1年に1度のお祭りには毎年参加してますし、ソロでのライブも毎年行くようになりました。

席が遠いこともあったし、それこそ最前列という奇跡を叩き出したこともあったけれど、なんだかんだ何処にいても、毎回のようにBさんはファンサをくれます。

席が遠いと目が合った訳ではないので、確証はないけれど。

いいんだよ!指さして手を振ってくれたらわたしにファンサくれたと思っていいんです!!!

わたしの周りの同担もきっと思ってるさ!

みんなわたしにファンサくれたで仲良く独り占めを共有しようじゃないか。

 

去年のことだったかな。

Bさんのお得意なファンサは指さしてからのお手振りなのですが、トロッコでまわってきた時に、それをしてくれたんです。

なんとなーく目が合ってると思ったので、わーいなんて思ってたら、わたしの真後ろから声がしたんですよね。

「やった!!!」って。

 

オイオイオイ、それはお前のファンサじゃねえよわたしのだよ!!!!!!って余りにもムカついたので、後ろを振り返ってやりましたよ。わたしより可愛かったら許そうと思って。

 

絶対に許さないからな!!!!!!!!!

 

100000000歩譲って、ファンサを自分のものにするのは誰にだってあるから、それは仕方ない。

例えわたしとBさんがゼロズレだったとしてもそこは仕方ないよ、みんな自分にファンサをくれたって思いたいものだもん。わたしだってそうだ。

 

でもさ、そのファンサに対して、声を出して自分のものにしちゃうのはルール違反じゃない?????

 

やった!って気持ちはお前の心の中に閉まっておけよ。

終わった後で隣の友人になり、ツイッターでマウント取るなりならいくらでも見逃してやるからさ。

 

貰ったファンサに対して、キャー!はあるけれど、やった!の独り占めはルール違反として生きてきた人間なので、目からウロコでした。

わたしの心が広くて良かったな、界隈が界隈ならお前周りからボッコボコに叩かれるぞ…って思いました。

 

もう1つ物申したいのが、

自分の推しじゃない人が近くに来ても、遠慮なくキンブレぶん回すのな、最後のお手振りタイムだと。

それまで遠慮がちに交通整備してたくせして、最後になるとキンブレ高く掲げるのは何でなんですか。そんなに元気が有り余ってるなら、もっと本命の時に盛り上げてやれよ。

 

去年の最後は、Bさんが目の前に来てるのに、周りがキンブレ高く掲げすぎだったから全然見えなくなってしまって、諦めという名の不貞腐れモードを発動し、わたしはずっと拍手してたんですけどね。

Bさんは、ファンの位置を覚えるのが多分めちゃくちゃ早い人なので、きっと覚えていてくれたんでしょう。

トロッコから降りる瞬間に、キンブレ達の隙間を縫って目線を合わせてくれて、バイバイってしてくれました。

去年は、けっこう干され気味だったので、最後の最後にデレデレになってくれたBさんに感謝しかない。これだから貴方のファンはやめられないんだよって思いながら、ずるずるしてます。

 

わたしはファンサが欲しいマンなので、そのためなら(勿論禁止されてない範囲の中で)割と何でもします。

基本的に、目立つべきは本命ファンだと思ってるから(今年の2日目を除く)、推し以外の時はその辺は弁えつつ、でも盛り上がる曲とかは普通に盛り上がっちゃうよ!

 

ステージが明るいから、わたしたち客席からは、遠くても彼等の姿はよく見えるけれど、彼等の側からは、わたしたちの顔とかは暗いからわからない訳じゃないですか。

折角、出演者が一生懸命盛り上げようとしてくれてる中で、わたしたちが楽しいよ!盛り上がってるよ!!!って伝えることの出来る手段として、手に持ってるのがキンブレなんじゃないの??

少なくとも、わたしが出演者の側だったとしたら、ファンサしたくなるのは、警備員宜しくキンブレ降ってるの客より、全身でライブ楽しんでます!って女の子だよって思う。

360度見渡せるステージとかで、わたしがアリーナとかでも、反対サイドの客席の顔はわかんなくても、キンブレの動きはよく見えるよ。それが例えスタンド席でも、目立つキンブレの動きは自然と目に入る。

 

座席が良くないとファンサ貰えないっていうのは、絶対ないと思う。

確証のあるファンサは貰えないかもしれないけど、どんなに後ろでも、「ちゃんと見えてるよ!」って彼等の言葉は嘘じゃないとわたしは思います。

 

ファンサが欲しかったらとりあえずその警備員スタイルやめろって言ってやりたい。

周りと同じ動きしてて、彼等の目に止まれる程、お前はずば抜けた容姿をしてんのかよって。

席が良くないとか愚痴りたくなる気持ちもわかる。

同じ金額払ってんのになんでだよ!って言いたくなる気持ちも痛いほどわかるよ。

でも、席が悪いってハンデをカバーできる方法をみんなその手に持ってるじゃん!もっと盛り上がろうぜ!!!って言いたい。

ポジティブに考えれば、自分の顔が崩れる程客席で暴れても、彼等には顔なんて判別出来ないじゃん??

盛り上がるの恥ずかしいとか、普段そんなキャラじゃないとか、自分を捨てる勇気もない人間に、ファンサなんて有難い恩恵を望む資格はないと断言したい。

 

曲がわかんないから盛り上がれないって人も中にはいると思うけど。

わたしだって半分以上わかんねえよ!!!!!!

お祭りみたいなライブは出演者も多いし、曲数もめちゃくちゃ多い。

なんせライブは5時間近い。全曲覚えてるって人って果たしてあの客席に何人いるんですかね??

意外と箱推しDD宣言してる奴も多いのでわからんけど。

少なくともわたしは推しの曲以外は割と曖昧です。

過去に歌ってくれて楽しい!ってなった曲なら覚えてるかな〜くらいな印象。

ノリ方に正解も不正解もないんだから、自分が楽しいようにノっておけばいいんじゃん?って思います。ライブってそういうもんじゃないの?

わたしの相方のMさんは自分でもリズム音痴って言ってて、客も一緒に振りを真似するみたいなやつがめちゃくちゃ苦手なんだけど(笑)

それでも一生懸命真似しようとワンテンポ以上ズレつつ頑張ってて、ダンサーさんからめちゃくちゃ煽られてたし、今年は推しではない方から菩薩のような微笑みを貰っていたよ。めっちゃ笑った。

 

ということで、続きます。

愚痴と性格の悪さが全面に出た文章しか書けない。

仕方ないか、性格は歪みまくってるから。

不快じゃない方だけお付き合い下さればと思います。